syntax2html サンプル出力

syntax2html のインラインでの出力例です。ブログ側では特に何も設定していません

1. Pythonコード出力例です。

1
2
>>> print "Hello World"
Hello World
syntax2html

2. 1のコードのフォントサイズを20pxにした場合の出力例です。

1
2
>>> print "Hello World"
Hello World
syntax2html

3. C# のサンプルコードを、フォントサイズ20pxで出力した例です。
ブログによっては、ブログ横幅を超えた部分は非表示になります。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
class TestArraysClass
{
    static void Main()
    {
        // Declare a single-dimensional array 
        int array1 = new int[5];

        // Declare and set array element values
        int array2 = new int { 1, 3, 5, 7, 9 };

        // Alternative syntax
        int array3 = { 1, 2, 3, 4, 5, 6 };

        // Declare a two dimensional array
        int[,] multiDimensionalArray1 = new int[2, 3];

        // Declare and set array element values
        int[,] multiDimensionalArray2 = { { 1, 2, 3 }, { 4, 5, 6 } };

        // Declare a jagged array
        int jaggedArray = new int[6];

        // Set the values of the first array in the jagged array structure
        jaggedArray[0] = new int[4] { 1, 2, 3, 4 };
    }
}
syntax2html

4. 3のコードのフォントサイズを12pxにして、出力してみました。
この場合、コードが途中で折れることなく、ブログ幅に収まっています。アメーバの標準設定幅は非常に狭いため、これでも途中で消えているようです。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
class TestArraysClass
{
    static void Main()
    {
        // Declare a single-dimensional array 
        int array1 = new int[5];

        // Declare and set array element values
        int array2 = new int { 1, 3, 5, 7, 9 };

        // Alternative syntax
        int array3 = { 1, 2, 3, 4, 5, 6 };

        // Declare a two dimensional array
        int[,] multiDimensionalArray1 = new int[2, 3];

        // Declare and set array element values
        int[,] multiDimensionalArray2 = { { 1, 2, 3 }, { 4, 5, 6 } };

        // Declare a jagged array
        int jaggedArray = new int[6];

        // Set the values of the first array in the jagged array structure
        jaggedArray[0] = new int[4] { 1, 2, 3, 4 };
    }
}
syntax2html

5. Rubyコードの出力例です。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
class Foo
  def foo(arg=nil)
    p arg
  end
end

class Bar < Foo
  def foo(arg)
    super(5)       # 5 を引数にして呼び出す
    super(arg)     # 5 を引数にして呼び出す
    super          # 5 を引数にして呼び出す super(arg) の略記法
    arg = 1
    super          # 1 を引数にして呼び出す super(arg) の略記法
    super()        # 引数なしで呼び出す
  end
end
Bar.new.foo 5
syntax2html

6. CSSコードの出力例です。

1
2
3
4
5
6
7
8
h1 { 
  font-weight: bold; 
  font-size: 12pt;
  line-height: 14pt; 
  font-family: Helvetica; 
  font-variant: normal;
  font-style: normal;
}
syntax2html

syntax2html へは、下のリンクをクリックしてください。

syntax2html

syntax2htmlは、ソースコードをHTMLに変換するwebサービス です。

他にも次のサンプルがあります。